品川区 目黒駅前 小幡歯科医院  インプラント・審美歯科・ホワイトニング

〒141−0021
東京都品川区上大崎2−15−19
      MG目黒駅前ビル 1F
TEL 03−6303−6111
FAX 03−6303−6100

一般歯科・インプラント・審美歯科・レーザー・ホワイトニング・小児歯科・予防

従来は金属の土台を差し込むのが通常でした。

ところが、金属は歯よりも硬いので、治療後数年〜10年後に根が割れてしまうことがあります。
これはなかなか防ぐことができない現象です。

そこで、歯よりもやわらかく「しなる」材料として歯科用のグラスファイバーの研究が進んできました。
       
グラスファイバーは棒高跳びの選手の使う「棒」をイメージしてください。
やわらかくしなりながら折れることがありません。


ファイバーコアを歯の土台に用いることによって根が割れる危険を回避することができます。



ファイバーコアにはもう一つメリットがあります。

色が白いためにオールセラミックスクラウンを装着する場合、きれいに仕上がります。 

ただし、ファイバーコアも万能ではありません。


まず、適応に限界があります。

歯の根だけになった状態では使用できません。ある程度歯が残っていないと、「ファイバーがしなる」ことが
かえって土台が外れてしまう原因となってしまいます。

ファイバーコアの唯一の心配は「歯が取れてしまうこと」です。

そのため、歯が残っていてもそこに強い力が加わる可能性がある場合(噛む力が強い、ブリッジの土台)には
従来どおり金属の土台をお勧めすることがあります。


歯の状況、歯並び、かみ合わせの状況などを総合的に判断してファイバーコアが適切かどうか判断します。

品川区 目黒駅前 小幡歯科医院  インプラント・審美歯科・ホワイトニング
品川区 目黒駅前 小幡歯科医院  インプラント・審美歯科・ホワイトニング


品川区 目黒駅前 小幡歯科医院  インプラント・審美歯科・ホワイトニング

ファイバーコアを用いると土台
はすべて白くなります。

ファイバーコアとオールセラミックの
組み合わせは金属の影響を受けない
ので色が明るくなります。

品川区 目黒駅前 小幡歯科医院  インプラント・審美歯科・ホワイトニング
品川区 目黒駅前 小幡歯科医院  インプラント・審美歯科・ホワイトニング

歯根破折の怖いところは、突然ヒビが入ってしまうことです。
多くは徐々に割れていきますが、急激に割れてしまい抜歯になってしまうこともあります。

健全な歯が割れてしまうこともありますが、それは稀なことです。
多くは歯の根に土台を差し込む治療(俗にいう差し歯)の結果、歯の根が割れてしまいます。

虫歯、歯周病で歯を抜くことが減った分、根が割れた歯を抜くことが最近目立ってきました。

この、根が割れてしまうことを防止するために開発されたのが「ファイバーコア」です。

HOME


歯を失う原因は虫歯、周病、そして歯根破折です。

現代の歯科治療においては虫歯と歯周病の治療はかなりのレベルまで確立されています。
そしてどうしても避けることのできないのが、歯の根が割れてしまう歯根破折です。

差し歯にした歯の根が
割れてしまいました

左がファイバーコア、
右が従来の金属の土台

品川区 目黒駅前 小幡歯科医院  インプラント・審美歯科・ホワイトニング

ファイバーコア